イラストの描き方とデジタルイラスト制作環境の総合情報サイト
目次 > 2019年 > 1月 > 27日 >
カテゴリー: 画材
<<液タブ一体型PC「Wacom M...

【初心者向け】デジ絵用のオススメ格安PCとその選び方(2020年版)

Created: 2019/1/27 (日) PM 4:13
Last updated: 2020/1/27 (月) AM 5:37
この記事のタグ:
PC

※この記事は「とりあえずデジタルイラストを始めてみたい」という初心者の方向けの記事です。本格的にデジタルイラストを制作する予定の方は、こちらの記事をご覧ください。

※この記事は、前半がPCの選び方、後半が具体的なオススメPCの紹介になっています。

「とりあえず評判のいいのを買う」の落とし穴

デジタルイラストをこれから始めようとする初心者にとって、まず用意しなければならないのがPCとペンタブレットだ。

このうち、ペンタブレットに関しては、国内メーカーであるwacomがプロ向けから入門機まで幅広い製品を展開しているため、事実上「wacomのを買っておけば間違いない」状態であり、製品選びにはあまり苦労しない。

一方で、PCは様々なメーカーから多様なモデルが発売されており、初心者にとってはどれを買えばいいのかわかりづらい状況になっている。

こんなとき、ついやってしまいがちなのが「とりあえずAmazonで評判のいいのを買う」という選択であるのだが、これには大きな落とし穴がある。

上級者は入門機のレビューをしない


では、その「落とし穴」とは何か。
それは、この一言に尽きる。

「上級者は入門機のレビューをしない」

初心者向けのPCと言えば、価格帯は10万円なら高い部類で、ノートパソコンが主であるのに対し、上級者にとって10万円のPCは安い部類で、デスクトップ型を使うのが当たり前のようになっている。筆者のように、パーツを買ってきて自作する人間も少なくない。

したがって、安価なノートパソコンのような入門機を上級者が購入することは珍しく、当然ながら、レビューも初心者によるものばかりになる。
複数台のPCを所有して使い心地を比較できる環境にある上級者と比べたとき、そのPC以外のPCをあまり使ったことのない初心者のレビューが参考になると言えるだろうか。

では、初心者はどのようなPCを買えばいいのか

それでは、いよいよ本題に入ろう。
ここからは、筆者がオススメする初心者向けのノートパソコンを紹介していく。

こういったハードウェアの紹介サイトはメーカーの紹介説明を鵜呑みにしてそのまま書いているサイトも少なくはないのだが、ここでは、筆者が親戚や知り合いから、「このPC買おうと思うんだけど」と聞かれたときでも、自信を持って「その機種なら問題ない」と答えられるような機種だけを厳選した。

オススメその1

HP ENVY 13 x360
まず紹介するのは、アメリカに本社を置き、国内にも生産拠点を置く有名メーカー「HP」のコンパクトモデル。

この機種の良い点は、ズバリCPUと液晶パネルにある。

この機種は、CPUにAMDのRyzenを採用している。CPUといえば、国内ではIntel社製のほうが有名なのだが、同価格帯ではAMD社製のほうがグラフィック性能が大きく優れており、グラフィック性能の重要となるイラスト制作では力を発揮することになる。
また、別売りの専用ペン(筆圧検知付き)を購入することで、事実上の液晶ペンタブレットに早変わりするというものこの製品の魅力的な点だろう。

加えて、液晶パネルが安価なノートパソコンにありがちなTNパネルではなく、発色のよいIPSパネルになっている。TNパネルの発色の悪さは色合いを調整してもどうにもならないことがほとんどであり、発色の悪さから目も疲れやすくなるが、IPSパネルなら安心だ。

オススメその2

IdeaPad C340 AMDモデル
次に紹介するのは、国内でも大手メーカーとして定着したLenovoのミドルレンジモデル。

ハードウェアスペックは上記のHP製とほぼ同等で、CPUも同じくRyzenを採用し、液晶パネルもIPS方式となっているなど、デジタルイラスト入門には十分な性能と言えよう。

そして何より、この機種の特筆すべき点は、そのコストパフォーマンスにある。
価格は上記のHP製品より安い5万円台ながら、こちらの製品は筆圧検知ペンが最初から同梱されている。つまり、購入したその日から液晶ペンタブレット同様に使用することができるのである。

ただし、この成否音の購入時には一つだけ注意点がある。この製品はCPUのグレードの違いで復数のモデルが存在しているのだが、最下位モデル(Ryzen 3)は一つ上のモデル(Ryzen 5)とのスペックの差が大きい一方で価格差は小さいので、最下位モデルはおすすめできない。
この点だけ注意すれば、この製品はコストパフォーマンスに優れたイラスト制作の味方となることだろう。

<<液タブ一体型PC「Wacom M...

画材 の新しい記事

【初心者向け】デジ絵用のオススメ格安PCとその選び方 液タブ一体型PC「Wacom MobileStudio Pro」と「VAIO Z」を徹底比較 知らなくて後悔したイラスト制作用PCモニターの選び方(2016) イラスト制作前提のノートパソコン選びとは?(2017年4月更新)

この記事へのコメント

ここにコメントする

ペンネーム:

本文   太字 斜体 下線 文字色: